マックエバン 前川 浩

記事一覧(25)

OS X インストールディスクは、やはり強力。助けられた

「古い MacBook Air をサブとして使うため、OS をアップグレードしようとするが、うまく行かない」という相談を受けました。 私の方でアップグレードしましょう、ということになり、ハードウェアのことも考慮して、最新の macOS 10.13 High Sierra ではなく、OS X 10.11 El Capitan をインストールすることに。 宅配便で届いた MacBook Air に電源を入れて、しばらくすると「OS X ユーティリティ」が開いたので、まずは「ディスクユーティリティ」を使って Macintosh HD を初期化しようとしますが、うまく行きません。何度やっても、うまく行きません。 それでは「OS X ユーティリティ」の「OS X を再インストール」を選択して、ひとまず MacBook Air に入っている OS を再インストールしようとしますが、それもうまく行きません。 Macintosh HD を「First Aid」で検証しますが正常です。 こういうときは OS X インストールディスクを起動ディスクに指定しての起動です。 MacBook Air に Apple USB SuperDrive を接続して、OS X 10.8 Mountain Lion インストールディスクを入れ、「OS X ユーティリティ」が開いている際のメニューにある「起動ディスク」を選択してインストールディスクを指定。指定したインストールディスクから Mac を起動させます。 直接インストールディスクを「起動ディスク」にして起動させる方法もあります。Apple USB SuperDrive にインストールディスクを入れて、Mac の起動中に「C」キーを押し続けているとインストールディスクから起動します。

インストールディスクから Mac が起動したので「OS X ユーティリティ」を開いて「ディスクユーティリティ」から Macintosh HD の初期化も正常に完了。ひとまず、OS X 10.8 Mountain Lion をインストールしました。 無事インストールができたので、OS X 10.11 El Capitan にアップグレード作業。これも正常に完了して今回の目標は達成しました。 滅多に Mac に入っている「OS X ユーティリティ」でトラブルに遭うことはないのですが、今回のようなことが起きたら OS X インストールディスクが力を発揮してくれます。この点を再認識しました。

なお、最新の「OS X ユーティリティ」は「macOS ユーティリティ」に名称変更されています。 OS X 10.11 El Capitan をインストールした MacBook Air は、本日午後お客様宅へ届く予定です。 今回は東京在住の人から声をかけていただきました。
大変ありがたく思っています。

名簿データベースのハードルを低く。第6のプラン「Follow 2 ファースト」登場

利用人数は1人、または2人くらいが最適なサーバーのスペックで、価格を抑えた FileMaker 専有型ホスティング「Follow 2 ファースト」(ホスティング利用料:月額 8,900円[税込])の登場です。

「後援会名簿データベース Follow 2」には「プレミアム」(ホスティング利用料:月額 24,500円[税込])、「エモーション」(ホスティング利用料:月額 33,000円[税込])と、2つの専有型ホスティングがありますが、仕様がオーバースペックのため、利用をためらうことがあったかもしれません。 そう感じる人に向けての、アップロードするファイル数は1、または2ファイル程度が最適なプランでもある「後援会名簿データベース Follow 2 ファースト」です。 「Follow 2 ファースト」は、あなたの iPhone や iPad、Android や Windows & Mac を、より早く、より効率的に、これまで体験したことのない世界に誘います。 ・名刺管理アプリで名刺を読み取り、CSV でインポート ・名簿からの電話発信(iPhone)
・道案内と訪問チェックツール ・訪問結果メモと履歴の共有 上記の機能は効率面だけではなく、あなたの行動スタイルを変えてくれます。 最新バージョンの FileMaker Server 17 に対応し、Windows、Mac、iPhone、iPad、Android のあらゆるデバイスで利用できる「後援会名簿データベース Follow 2 ファースト」。名簿データは常に最新です。応援してくれる人たちは24時間/週7日、あなたに微笑みを返してくれることでしょう。 初めて FileMaker 専有型ホスティングを始める人に贈ります。 マックエバン

FileMaker と相性がいい名刺管理アプリ「Wantedly People」PC 版

現在、名刺管理アプリは「CamCard」を使っています。しかし、今日初めて知った「Wantedly People」の方が、FileMaker にデータをインポートするには断然便利ということがわかりました。

「CamCard」の便利なところは、名刺を読み取って iPhone の連絡先に数ステップで保存できる点。自分の連絡先管理のためには便利です。 しかし、FileMaker にテキストデータをインポートするには、コンピュータで iCloud.com を開き、連絡先から対象者を検索して、コピー&ペーストしなければいけないという作業が必要でした。

ところが「Wantedly People」は、名刺を iPhone で読み取って PC 版で CSV データをダウンロードすることができるのです。早速、テストしてみました。 名刺読み取り精度は、95% 以上正確にテキスト変換してくれます。FileMaker に名刺を読み取ったテキスト(CSV)をインポートするためだけであれば、はるかに「Wantedly People」が便利です。 ただ、PC 版「Wantedly People」を Mac の Safari で開き、CSV データをダウンロードしようとしてもうまくいきません。作業は Google Chrome をお使いください。Chrome だと正常に CSV ファイルをダウンロードしてくれます。 ダウンロードした CSV ファイルは、フィールド名を FileMaker に合わせてスムーズにインポートできるようフォーマットを準備しておけばいいと思います。 「Wantedly People」は PC 版も iOS 版 もよくできていますが、PC 版の方はシンプルでとても使いやすいウェブアプリとなっています。 後援会名簿データベース Follow 2 と一緒に使える名刺管理アプリとして「Wantedly People」は、お客様に推奨できる水準にあると思います。マックエバン

FileMaker 17 プラットフォーム対応になった Follow 2

後援会名簿データベース Follow 2 が、先日登場した FileMaker 17 プラットフォームに対応し、専有型ホスティングサービス「プレミアム」「エモーション」の運用に FileMaker Server 17 を追加しました。FileMaker 17 プラットフォームは、シンプルでわかりやすいライセンスモデルに変わっています。

FileMaker Server 16 までは単体でも購入できましたが、17 になり単体購入はできなくなっています。 本来、FileMaker はグループでの活用で生産性を向上させることが目的です。単体販売しても、目標を目指そうとすれば、FileMaker Pro や FileMaker Go などを使うことになります。

そうであれば、初めから複数人で利用を開始できる形(FileMaker ボリュームライセンス)で提供した方がいいという FileMaker 社の戦略でしょう。 まずは 5人の利用を上限にした組織内の特定されたユーザが対象の「ユーザライセンス」の場合、年額 96,000円(税抜)で以下のアプリケーションが 5人まで利用できます。 (1)FileMaker Server 3台 (2)FileMaker Pro 17 Advanced 5ユーザ (3)FileMaker Go 5ユーザ (4)FileMaker WebDirect 5ユーザ 「ユーザライセンス」とは 1人のユーザが、iPad や iPhone、デスクトップ、Web ブラウザからアクセスするために最適な、特定されたユーザ単位でカウントするライセンスプログラムです。 ユーザはまた、FileMaker Server に接続した状態またはオフラインの状態にある FileMaker Pro Advanced クライアントを使用することができます。 つまり、FileMaker 17 プラットフォームがパッケージになっていることで、FileMaker Pro を別途買う必要がないということでもあります。 月額 8,000円(税抜)で、FileMaker 17 プラットフォームすべてのアプリケーションが 5人まで利用できるのは、導入へのハードルを低くしていると思います。 あとは、ホスティングサービスと FileMaker カスタム App をそろえれば、分散した情報や非効率的なプロセスの合理化を図ることができます。 生産性向上のために、FileMaker カスタム App である後援会名簿データベース Follow 2 でスタートを切ってみませんか。 後援会名簿データベース Follow 2リモートサポートのマックエバン

後援会名簿データベース Follow 2 を PC と Android タブレットで共有する

Android タブレットでも後援会名簿データベース Follow 2 を、Windows/Mac/iPhone/iPad と同じように使えます。それでは PC と共有できていることを確認してみましょう。 残念ながら Android タブレットを私は所有していませんので、代わりに iPad を使います。Android タブレットで後援会名簿データベース Follow 2 を利用するには、Android スマートフォンと同様、ウェブブラウザの Google Chrome を利用します。
表示される後援会名簿データベース Follow 2 のレイアウトが、Android スマートフォンとは少し違いますが、機能はほぼ同じなので迷うようなことはないでしょう。Google Chrome を使って後援会名簿データベース Follow 2 を動作させる FileMaker WebDirect とは、そもそも何なのか。簡単に言えばウェブアプリケーションです。ウェブアプリケーションとしてデータベースが利用できるのですから、それはとても便利なこと。 ウェブアプリケーションですので、Mac の Safari は元より、Windows の Chrome 65 以上、Internet Explorer 11.x、Microsoft Edge 41でも利用可能です。 なお、後援会名簿データベース Follow 2 を Android で使うには「ファイン」「プレミアム」「エモーション」プランが必須となっています。 その中でも、専有型ホスティングサービス「プレミアム」「エモーション」を選択する場合は、FileMaker Server ボリュームライセンスが必要になってきます。FileMaker 17 プラットフォームが先日発売開始され、FileMaker Server ボリュームライセンスの内容が変更となりました。 詳細については後日ブログで、ご案内したいと思います。

後援会名簿データベース Follow 2 を PC と Android で共有する